ニーサを覚えて利益を出そう
ニーサを覚えて老後に備えて利益を出すイメージ

ニーサは人生最大のギャンブルと言われるくらい恐ろしいものではありますが一攫千金を狙えるチャンスでもあります!一攫千金をモノにするのは運ではありません。今までの統計や知識などフル活用して少しでも確立を上げていきましょう。

ニーサ口座を用いて節税するのに向くANA株

ニーサ制度では年間100万円までの株式などの投資に対する課税が、ゼロになるのが特徴です。そのため、ニーサを活用して株式に投資をすると、配当と株式譲渡益に掛かる税率20%が節税できるようになってきます。とくにニーサでは、将来掛かってくる株式譲渡益が節税できることが大きいです。そのようなメリットを活かすには、将来株価が上昇するような銘柄を選ぶことが重要となります。以上のことを考慮すると、ニーサ口座ではANA株を保有することが一つの選択肢となってきます。ANAは日本をリードしている大手のエアライングループです。2014年には羽田空港の発着枠の拡大によって、国内で最大の収益を上げる航空会社となっています。また、今後はアジアからの旅行客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて業績が上昇傾向となることが期待されています。そのため、ニーサ口座でANA株を長期で保有すれば、将来の株式譲渡益を節税する効果が大きくなる可能性があります。また、来期には最近のエネルギー価格の下落を受けて、業績が大きく押し上げられることが考えられます。したがって、ANA株は短期でも長期でも投資をする価値があると言えます。なお、ANA株は30万円台で購入することができるため、ニーサの年度限度額内で購入ことが可能です。単位株を購入すると年間で4000円程度の配当が受け取れる他に、魅力的な株主優待をもらうこともできます。ANAの株主優待では、国内線の搭乗優待を半年ごとにもらえるようになってきます。搭乗優待を使うと国内線の運賃が50%割引になる特典が受けられます。そのため、旅行や出張でANAを利用する人にとっては、メリットの大きい株主優待となっています。